考えよう、睡眠と健康の関係

睡眠は健康のために必須

睡眠と健康の関係の深さはだんだんと認識が広まってきましたが、学術界でもまだ解明できていないことが多く、実際にはどれだけ健康のために睡眠が必要とされているのかはわかっていない面もあります。少なくとも睡眠不足になっていると心身の機能が低下してしまい、あまりに長い期間に渡って睡眠を取っていないと死んでしまうことすらわかっているのが現状です。睡眠は起きている間に負ってしまった様々なダメージを修復する時間であると同時に、生命活動を行う上で必要な物質を作り出す時間でもあります。十分にその代謝活動を行えるような睡眠時間を確保することによって心身の状態を健全に保つことができるため、健康を維持するのにつながるのです。

長ければ良いわけではないので注意

睡眠時間が十分にあれば代謝も行えて大丈夫という認識をしている人もいますが、最近の研究では時間よりもむしろ質の方が重要であることがわかってきています。人が眠っているときにはレム睡眠とノンレム睡眠があり、ノンレム睡眠の時間が十分になければならないということが解明されてきました。ノンレム睡眠は深い睡眠に相当する時間であり、浅い睡眠を長く維持できたとしても意味があまりありません。できるだけ深い睡眠を取れるようにする習慣を作ることが健康のために欠かせません。場合によっては睡眠サプリを使用して深い睡眠を促せるように働きかけるのも検討した方が良いでしょう。健康に対するリスクは蓄積しやすいので早期の対策が大切です。

グリシンとはアミノ酸の一種で、睡眠改善や美容の効果があると言われサプリメントに配合されており、また菌の活動を弱める効果もあるので食品添加物としても使われています。

© Copyright Sleepy Life. All Rights Reserved.